もっきんぽっとの詩

アクセスカウンタ

zoom RSS うみ猫物語  ししまる編

<<   作成日時 : 2016/12/16 11:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

うみ猫物語  ししまる編
           作詞作曲 もっきんぽっと

はぐれた家族を探しているうち お腹も空いてクタクタになって
だんだん意識も薄れてきたとき 僕をそっと抱き上げてくれた人

大嫌いな注射に連れて行くし あの苦い薬 口に ネジ込んでくる
ご褒美にミルクをくれたから なんだかんだ 言っても嬉しいんだ 

 ぞれが君で それが君で とても優しい 大好きな君で

僕はこんなに元気になったよ いつも暴れてばかりいるけれど
ホントは大好きの裏返しで 嬉しくて嬉しくて たまらないんだ

 君といれば 君といれば 昔のことなんか忘れてしまうよ
 
  お腹いっぱい 食べさせてくれて ありがとう
  暖かい毛布も 気持ちがいいよ 
  いっぱい スリスリさせてくれて ありがとう
  僕をここまで 育ててくれて ありがとう



キラキラ坂を 駆け下りたら 海の香りのする 風が吹く
波の音だってとても気持がちいい 海の近くのカフェが僕の寝床

いろんな人が僕と遊んでくれる あの逃げ回る ケモクジャラが好き
だけどお昼寝の邪魔はやめてね 今度一緒に遊んで あげるから

 そんな君が そんな君が 初めてドライブに誘ってくれた

僕の知らないところへ突然 君とご挨拶に訪れたのは
怖い怖い大きな犬のいる だけど とってもいい 匂いがする家

夢中になって遊び疲れた頃 君はどこを探しても見つからない
寂しくて泣き出した僕のそばに あの人は優しく寄り添ってくれた

 そん貴方を そんな貴方を 僕はだんだん大好きになってきた

  また大切なものがひとつ増えたよ ありがとう
  大きな犬も ホントは優しい
  いっぱい甘えさせてくれたね ありがとう
 今日からここが 僕の新しい家 よろしく

僕を助けて育ててくれた人も
カフェで一杯遊んでくれた人も
大嫌いな大嫌いな注射打ってくれた人も
これからお世話になるあの人も
 みんな みんな みんな みんな
 
  お腹いっぱい 食べさせてくれて ありがとう 
  暖かい毛布も 気持ちがいいよ 
  いっぱい スリスリさせてくれて ありがとう
  僕をここまで 育ててくれて ありがとう
  ずっと僕と一緒にいてくれて ありがとう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

うみ猫物語  ししまる編 もっきんぽっとの詩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる