銀河鉄道 イーハトーブの空 

銀河鉄道 イーハトーブの空 
                 作詞・曲 もっきんぽっと


碧き空に 流れる星 風の道を渡り
天ノ川に 架かる橋を 一人歩いた

君を乗せて 走る汽車は 銀河の海渡り
星めぐりの 口笛を吹き  遙かな旅路(そら)へ

 リンゴの香り 目覚めた君が  ポツリつぶやく  幸いって何

 僕の命も 何もいらない 君が帰って くるのなら
 歌を聴かせて あの賛美歌 イーハトーブの 空の上から


赤く燃える サソリの灯に 僕ら 誓い立てた
どこまでも 一緒に行こう 幸い探しに

 サザンクロスで 別れた人よ  お母さんの 元へ たどり着けたの? 

 天ノ川には 十字が光り 祈り 捧げる 君の涙を
 僕が集めて 露を降らそう イーハトーブの 空の上から

 僕の命も 何もいらない 君が帰って くるのなら
 歌を聴かせて あの賛美歌 イーハトーブの 空の上から